MENU

ふくらはぎがつると治らないです…辛い痛み予防できた方法って?

 

ふくらはぎがつると治らない。。予防できた方法とは?

ふくらはぎがつると、治らないのは本当につらいですよね。
特に寝ている時になった場合は最悪です。。
ふくらはぎがつると治らない

 

私も寝ている時につることが多く、
治らないでなかなか眠れない日々が続きました。
ひどい時には毎晩ふくらはぎがつると治らないで、
熟睡できる日がなくなりました。。
ほぼ徹夜のまま仕事にでかけたり、睡眠不足で外出する時も多くなり、
このままでは生活に支障がでるなと思い、病院へ行きました。

 

しかし、病院にいった結果は、ふくらはぎがつると治らないのは、
特に病気というわけではなく、
毎日の生活習慣で改善していくしかないとのことでした。

 

実際に病院で指摘されたことは?

 

ふくらはぎがつると治らない原因として言われたのは!

ふくらはぎがつると治らない原因として医師に言われたのは!

■水分不足
■運動不足
■ミネラル不足

 

水分不足というのは自分でも心当たりがあって、
私は普段の生活であまり水を飲まなかったので、
ふくらはぎがつると治らない要因の一つになっていると思いました。
意識的に多く飲むように心がけるようにしました。
ふくらはぎがつると治らない

 

運動不足に関しては、ウォーキングを月に1度くらいしかしていなかったので、
量を増やして週2回にしました。
ふくらはぎがつると治らない

 

そして一番問題だったのは、ミネラル不足でした。
私はあまり料理が得意でなく、作れるものも少ないので栄養が偏りがちです。
さらに仕事で遅くなることも多いので、コンビニ弁当や外食ですませることも。。

 

ここはもうサプリに頼るしかないと思って、いくつか買って飲んでみました。
ふくらはぎがつると治らない回数は少し減ったのですが、
相変わず寝ている時に襲ってくる状態はかわりませんでした。。

 

それでも何か良いものはないかと探していたところ、
ようやく出会えました。

 

長く日々苦しんでいた私のふくらはぎがつるのを、
予防してくれる最後の決め手となったのは、
「こむらくだ」です。
こむらくだ

 

こむらくだの公式サイトはこちら↓↓

 

http://www.rakudashop.jp/

 

ふくらはぎがつると治らない場合は、
体に必要な栄養素を摂るだけでなく、バランスが重要だったんです。

 

特にマグネシウムとカルシウムはバランスよく摂る必要があるのですが、
普段の食事では意識してもなかなか難しいですし、
サプリで摂ったとしても、それぞれの栄養素をどれくらいの量ずつ摂れば
ふくらはぎがつると治らないのを予防するのに、
一番バランスが良いのかわかりません。
ふくらはぎがつると治らない

 

ふくらはぎがつると治らない

私がなぜ「こむらくだ」でふくらはぎがつるのを予防できたのかというと、

「こむらくだ」にはマグネシウムとカルシウムが黄金のバランス比で配合されているからです。

 

 

そんな「こむらくだ」ですが、ふくらはぎがつると治らない人は
ぜひ試してみてほしいです。
こむらくだ

 

先ほども書きましたが、普段の食生活で、
バランスよく栄養素を摂るのはなかなか難しいです。

 

今ならちょうど期間限定で初回980円のキャンペーン中です。
しかも、送料無料です。
ふくらはぎがつると治らない
少しお試しするのにも、またとないチャンスです。

 

ふくらはぎがつるのは、自然と治らないので、
今よりも悪化する前にできるだけ早めに対処した方がいいです。

 

年齢を重ねれば重ねるだけつる回数も多くなり、
治らない時間も増えて、そのままだと辛い時間がますます増えていきます。
ふくらはぎがつると治らない

 

またこむらくだは人気なので、初回980円のキャンペーンが
いつ終了するかもわかりませんし、品切れになってしまう可能性もあります。

 

ふくらはぎがつるのが治らないなら、今すぐこむらくだを手に入れて、
改善や予防をしましょう。

 

こむらくだの公式サイトはこちら
↓↓↓
http://www.rakudashop.jp/

 

ふくらはぎがつる!痛みが治らない時の対処法と予防法

ふくらはぎがつる、そして痛みが治らないと本当にきついですね。
少しの時間だけでもきついのに、そのまま筋肉の痛みが治らないとなると、
生活にまで支障がでてしまいます。

 

ふくらはぎがつる

 

ふくらはぎがつる症状がでた時に早めできる対処法と、
効果のある予防法を知っておく
と全然違います。

 

さらに筋肉痛よりもきつい痛みが続くようであれば、
単なるこむら返りではなく、肉離れの可能性もあります。

 

ふくらはぎがつる回数が多く、痛みが治らない人のために、
対処法と予防法をご紹介していきます。

 

まず、ふくらはぎがつった時の対処法です。
激痛からついつい体が力んでしまいますが、
できるだけリラックスしながら対処しましょう。

 

1、就寝中や運動中、妊娠中などいろいろな時に、ふくらはぎがつる可能性があります。まずは楽な体勢になりましょう。できるだけ楽にふくらはぎに触れる体勢がベストです。

 

2、次にいきなり伸ばすのではなく、ゆっくりとストレッチをします。急激に収縮した筋肉や筋を丁寧に伸ばしていきます。

 

3、痛みが和らいできたら、軽めにマッサージをしてあげます。

 

通常のこむら返り(ふくらはぎがつる)であれば、この対処法でほぼ収まりますが、
痛みが治らない場合は、筋肉を傷めて肉離れなどになっている可能性もあるので、
病院なども検討した方が良いですね。

 

次に、ふくらはぎがつる頻度が増えてきた時の予防法です。
ふくらはぎがつる頻度が増える理由として多いのは、

1、運動不足で、ふくらはぎがつるし治らない
2、水分不足で、ふくらはぎがつるし治らない
3、電解質のバランスが崩れて、ふくらはぎがつるし治らない
4、妊娠によって、ふくらはぎがつるし治らない

 

1に関しては、普段適度に歩く程度で基本大丈夫ですが、
年齢を重ねて、運動神経が落ちている場合は、
ウォーキングを取り入れると良いです。

 

2については、水分を摂る回数を増やすのがシンプルに効果的です。
特に睡眠中や運動中は水分不足になりやすいです。

 

3については、食事でミネラルを補充するのはなかなか大変なので、
サプリがおすすめです。
断トツ私に効果があったのは「こむらくだ」というサプリです。
妊娠中でつわりなどが酷い人にも人気です。

 

こむらくだの公式サイトはこちら
↓↓↓
http://www.rakudashop.jp/

 

4に関しては、電解質のバランスや、お腹の赤ちゃんが大きくなって、
普段使わない筋肉に力が入って、
ふくらはぎがつるし治らないとなっている可能性などがあります。
骨盤ベルトを使用したり、上記のサプリを飲んだりして予防しましょう。

 

ふくらはぎがつる、痛みが治らないとなる前に、
予防していくことが大切ですね。

 

私も以前は、ふくらはぎがつることが多く、
痛みが治らないで数日過ごすこともありました。

 

本当に今思い出しても、毎晩ふくらはぎがつるし、
痛みも治らないので、地獄の日々でした。
私の場合、サプリが一番予防に効いたので、おすすめです。

 

朝にふくらはぎがつると治らない!原因や予防法は?

朝にふくらはぎがつると治らない。。
下手をすると一日中痛みが続いてしまう場合もあります。

 

朝ふくらはぎがつる

 

そして一番最悪なのは、
朝から就寝中へと時間が早まっていくことです。

 

就寝中にふくらはぎがつると、安眠できなくなりますし、
ストレスがたまってしまい、生活に支障もきたすようになります。

 

朝にふくらはぎがつると治らない症状は、
早いうちに予防しておくとこが大切ですね。

 

朝にふくらはぎがつると治らない場合の原因として、考えられるのは、
水分不足とミネラル不足です。
まずは、寝る前にいつもより多めに水分補給をするようにしましょう。

 

それでだけで、朝にふくらはぎがつる回数が減ることもあります。
ただ、飲みすぎると、夜中にトイレに行きたくなる可能性もあるので、
バランスが重要ですね。

 

合わせて考えたいのが、ミネラル不足の解消です。
毎日の食事を改善するのは大変なので、
オススメはサプリメントです。

 

たくさんのサプリを飲むのも大変なので、
まずは「こむらくだ」という、
こむら返り(ふくらはぎがつる)専用のサプリがオススメです。

 

こむらくだは、ふくらはぎがつるのを予防するのにすぐれた
ミネラルバランスを考えて成分を配合されています。

 

私も数々のサプリを試して遠回りしましたが、
他の治らないものと全然違って、
朝にふくらはぎがつることもなくなりました。
あの痛みから解放されて本当に嬉しいです。

 

朝にふくらはぎがつるのを予防したいけど、
朝、昼、夜の食事の改善が大変だと思う場合は、
まずは「こむらくだ」を試してほしいです。

 

しかも今なら初回限定で、86%オフの
980円のキャンペーン中なのでチャンスです。

 

公式サイトはこちら
↓↓↓
http://www.rakudashop.jp/

 

以上、ふくらはぎがつる!痛みが治らない時の対処法と予防法についてでした。

 

ふくらはぎがつると激痛!これって病気?

ふくらはぎがつると激痛の場合、病気の可能性もあるのでしょうか?
痛みがひど過ぎると心配になりますよね。

 

激痛が続く場合、痛みの状況によっては病気の可能性もあります。

 

まず、ふくらはぎがつるのが運動中やスポーツ中だったなら、
筋肉が原因になっている可能性があります。

 

特に激痛の場合は肉離れになっている可能性もあるので、
痛みが少しでも治まるのを待って、病院に行くのをオススメします。

 

激痛とまでいかなくても、ふくらはぎがつる回数が増えてくると危険信号なので、
早めにサプリやサポーター、テーピングなどで、
予防や対処した方が良いですね。

 

次に普段の生活で、ふくらはぎがつると激痛になってしまう場合ですが、
以下の病気の可能性もあります。

 

・糖尿病
・椎間板ヘルニア
・下肢静脈瘤

 

糖尿病の場合は、病状が悪化してくると、合併症の一つである、
神経障害が原因でふくらはぎがつる場合があります。
痛みもかなりすごく、激痛です。

 

椎間板ヘルニアは筋肉の緊張が原因でふくらはぎがつることが、
下肢静脈瘤は血行不良が原因でふくらはぎがつる時があります。

 

ふくらはぎがつる回数がそこまで多くない場合、
サプリや水分補給などで痛みを改善したり治したりできますが、
激痛が続く場合は、病気の可能性もあるので、
一度病院で検査をうけた方が良いですね。

 

ふくらはぎがつる時、サポーターは効果あり?

ふくらはぎがつるのが多い時、
サポーターをつけるのは有効なのでしょうか?
またおすすめのサポーターにはどういったものがあるのでしょうか?

 

まず、ふくらはぎサポーターの効果には以下の2つがあります。

 

疲労軽減効果
ふくらはぎサポーターには着圧機能(コンプレッション機能)と呼ばれている、
外側から筋肉を締め付ける機能を持っています。

 

サポーターを着用することにより、筋肉の余計なブレを減らしてくれて、
筋肉の疲労がたまりにくくしてくれます。

 

筋肉をサポートする効果
サポート効果はテーピングと似たような働きをする効果を指しています。
サポーターを着用することで、運動時の筋肉の負担を軽減し、
ふくらはぎがつるのを防止したり、
肉離れを防止したりするのに、効果があります。

 

この二つの効果はふくらはぎがつる原因、治らない原因となる
「筋肉の冷え」「筋肉の疲労」に対して有効なので、
サポーターをするのは、ふくらはぎがつる対策として効果があります。

 

ただし、サポーターをしていても、長い時間、
負荷がかかりすぎるとふくらはぎがつる可能性があるので、
完全にサポーターで防げるわけではありません。

 

また上記の筋肉の原因以外に、
ミネラルバランスが崩れるのが原因で、ふくらはぎがつる、治らないこともあるので、
ミネラルバランスを整えてくれるサプリを合わせて摂取すると、
よりふくらはぎがつりにくくなります。

 

おすすめのサプリはこむらくだです。

 

おすすめサポーターは?

CW-Xパーツ ふくらはぎ用プレミアム

 

CW-Xパーツ ふくらはぎ用プレミアム

 

効果的な段階着圧と、独自の理論によるサポート効果で、
激しい球技やマラソンランナーなどにも人気が高いです。
はじめてサポーターを購入する人にもおすすめの失敗しないサポーターです。

 

skins エッセンシャルパワーカーフ

 

skins エッセンシャルパワーカーフ

 

かなり強めの着圧効果があるサポーターです。
独自の動的段階的着圧で、スポーツ時や運動時に
適切な圧力をふくらはぎにかけてつるのを防ぐのが特徴です。

 

skins エッセンシャルカーフタイツ
日常生活で足がむくんで、ふくらはぎがつることが多い人におすすめです。
上記のモデルよりも着圧がマイルド
普段の生活で着用していても違和感があまりありません。